閑話【秘蜜】感話

‥閑話休題‥

―――――――――――――――――――――――――

side美穂

―――――――――――――――――――――――――

 

「宮城先生、いいお嫁さんになれるね」

 

「そりゃどーゆー意味だ」

 

 生徒会の後、宮城先生にもらった地図を見て、宮城先生の家のマンションに初めて行った日。

 

 車で一緒に向かうとか言ってたけど、誰かに見られたら本気でヤバいから断った。

 

 だって学校からものすごく近いし。

 

 でも内心、

 

「そんな、宮城先生の家に、しかも一緒に行くなんて……」

 

 とかすごい緊張してたからなんだけど、行ったら行ったで面白くなかった。

 

 12階建マンションの最上階の部屋は、なんか無駄に広いし。

 

 なんで一人暮らしで2LDK(ロフト付き)なの?

 

 角部屋だからバルコニーが2つもあるけど、そんなにいらないでしょ?

 

 今までどんな人が出入りしてたの?

 

 ……そんなこと口にしたら止まらなくなりそうだから、黙ってた。

 

 宮城先生があんまり物を置かないせいか、女っ気は感じられないけど……

 

 逆にそれがあやしい感じ。

 

「美穂。お前って料理は出来んのか?」

 

「料理…、あ、家庭科で洗い物した」

 

「あーそう。分かった。もういい」

 

 そう言って宮城先生がキッチンに立って、自慢料理か知らないけど手際良くパエリアとか出すんだもん。

 

 何この海鮮づくしご飯と茸サラダとか、保健の先生っていうか食育の先生なみの栄養バランス配慮。

 

「これ、超おいしい……」

 

「なら、まずそうな顔して食ってんじゃねー」

 

「宮城先生、いいお嫁さんになれるね」

 

「そりゃどーゆー意味だ」

 

 嫌味だよ。

 

 こんな小奇麗なマンションに住んでないで、料理なんてまるで出来ないで、部屋散らかし放題の方がよかったよ。

 

 そうしたら私がやってあげて、先生にいいところ見せられたのに。

 

 どうしよう、何ていうか、……居心地が悪い……。

 

「私、洗い物するね!」

 

 せめて何か活躍しようと思って張り切ったんだけど、手がすべって高そうな食器割っちゃうし。

 

 謝って片付けようとしたんだけど、

 

「いい。触るな。お前絶対手ェ切るから」

 

 とか言って結局は宮城先生が片付けと洗い物したし。

 

 ……さっきから私、全然いいとこなしだ。

 

 だって、私って別にいらないんじゃない?

 

 あれ、なんで私ここにいるんだっけ……?

 

「何ふてくされてんだよ。来いよ、美穂」

 

 フローリングで膝を抱える体育座りの私に、宮城先生がソファーから両手を広げて待ってる。

 

 でも私はみじめな気分で、それどころじゃないから放っておいた。

 

「おい…、お前は俺を孤独死させる気か……」

 

 私がベランダの方を向いたら、両手をだらんと下げた宮城先生の、頭をがっくり下げてしょんぼりした姿が窓に映った。

 

 やばい、いい歳した大人なのに、その項垂れた栗色の髪をぐしゃぐしゃしたいくらい可愛い!

 

 ……って思っても、宮城先生の所に行けなかった。

 

 だって宮城先生、本当に私でいいの……?

 

「美穂」

 

「何」

 

「離れすぎだ」

 

「距離30㎝もないよ」

 

「ざけんな。0㎝にしろ」

 

「それ密着しちゃうよ」

 

「密着しろよ! なんだ、今日のお前はいつも以上にそっけねーな」

 

 ……や、だって、恥ずかしい。

 

 宮城先生と付き合えることになって、初めて学校以外で、宮城先生の家で過ごせるのに……

 

 本当はすごく嬉しいのに、……不安になるよ。

 

 宮城先生は、私の何がよくて一緒にいるんだろうって……。

 

 そんなこと考え込んでたら、宮城先生がキッチンに向かうから、怒らせたかなって急に不安になった。

 

 だから振り返ってみたら、背後から忍び寄ろうとする宮城先生と目が合った。

 

「わっ、びっくりした! 何してんの!?」

 

「チッ、見付かったか。後ろから押し倒……、距離を縮めようとしただけだろ」

 

「へー。押し倒して、密着しようとしたんだ」

 

 じろりって宮城先生を見上げたら、宮城先生は頭をかいてソファーに戻っていった。

 

 ……ああ、なんで私ってこうなんだろう。

 

 せっかく宮城先生から来てくれようとしたのに。

 

 何だか間が持たなくなって部屋を見回したら、窓辺にある観葉植物が目に止まった。

 

 ハートみたいな緑の葉が何枚も重なる立派な木で、私は四つん這いで近付いてみる。

 

 葉っぱの中央と茎の付け根が赤いけど、下の方は緑から黄色くなりかけてるのもある。

 

「ねぇ。これ枯れてるの?」

 

 私が振り返ると、宮城先生は煙草に火をつけて深く腰掛けたとこだった。

 

「それな、ハスノハギリのレッド。赤いのは枯れてねーよ、黄色は放置したからそうなった」

 

「あ。分かる。私も花とかすぐ枯らしちゃう」

 

「違う。俺のはクラスで美穂だけパンジー枯死事件とは違う」

 

 ……あ、あれは、私が生徒会役員で他のクラスを管理してたら、自分のが枯れちゃっただけ。

 

 口を尖らせる私に向かって、宮城先生は煙草を突き付ける。

 

「俺はそいつを可愛がってたんだ。放置したくてしたわけじゃねー。美穂のせいだ」

 

「は!? なんで、私、今日初めてここ来たのに!」

 

「だから。お前が俺に保健室の合鍵、返しやがったから」

 

「……え」

 

 あの時の、せいで……?

 

 水やり忘れちゃうほどショックだったの?

 

 なんで?

 

 なんで、私のどこを好きになって、そんなになっちゃうの……!?

 

「ねぇ宮城先生って、私のどこが好きなの!?」

 

 ずっと気になってたから責めるように口にしてから、……また可愛くない言い方してる自分に気付いた。

 

 宮城先生はそんな私に、フッて鼻を鳴らす。

 

「なんだ。聞きたいのかコイツゥ」

 

「だって私、料理も食器洗いも、勉強だって、何にも出来ないし……」

 

「ハハ。そーいえばそーだな。逆にお前って何が出来んの?」

 

「そ、そうだけど、だから……」

 

「それで可愛くねー態度とりやがるからな。2人になっても甘えるとか全然ねーし」

 

「……」

 

 自分で分かってたけど、……宮城先生からはっきり言われて、ぐっさりきた。

 

 私だって甘えたいよ、可愛くなりたいし、でもどうしたらいいか分かんない、だから困ってるのに……!

 

 目の奥がつんと痛くなって、涙が出そうになったから、慌てた私は葉っぱを触るふりで顔を背ける。

 

 鼻をすする私の背中側で、宮城先生が灰皿をトントンと煙草で叩く音が聞こえる。

 

「何だ。そんなこと気にしてたのか」

 

「……気に、するよ」

 

「そーか。お前、なんで俺が美穂に惚れたか知らなかったのか」

 

 散々な言葉の後で「じゃあ教えてやるよ」って宮城先生が言うから、どんなフォローをされるんだろうって思った。

 

 ちょっとだけ期待して、心臓をドキドキ鳴らす私の気も知らないで、宮城先生が続ける。

 

「美穂は知らねーだろうけど。お前、時々すげー可愛いからさ」

 

「時々!? すげーって、ど、どこが……!?」

 

「そうだな。具体的には、あー……」

 

 もったいつけて間をおく宮城先生に、私って今までどう接してたか、思い当たる所を考えようとした。

 

 でも宮城先生は途端に取りやめる。

 

「やめた。やっぱ言ってやんねー」

 

「え、えぇぇっ!?」

 

「意識してやられたらつまんねーし」

 

「そんな、それじゃ分かんないよ……っ」

 

 なぐさめてもくれない宮城先生に、私はさらに気を落とす。

 

 もしかしたら理由なんてないんじゃないの?

 

 フォローも浮かばないほど、やっぱり私はいいとこなしなんじゃ……。

 

 じゃあ、どうして……宮城先生は今までたくさん女の人を口説いてきたのに、なんで私を選んだの!?

 

「ま、美穂はクールに構えてくれちゃってるけど」

 

 そうだよ。

 

 どうせ、私はそういう女。

 

 なのに。

 

「俺はそんな美穂をどうやって口説こうか、いつも考えてるんだ」

 

 なんで……。

 

「美穂は落としがいのある女だからな。な? お前は俺にピッタリな最高の女だろ」

 

 ……なんで、どうしてそんなふうに言えるの。

 

 宮城先生の足音が近付いてくるから、手で触れるハスノハギリのハートが震える。

 

 緑の葉の中央で、赤く染まるのは恋心。

 

 後ろから抱き締められたら、私のハートは震えて、逃げられない。

 

「もうやだ、宮城先生……」

 

「あ?」

 

「私、宮城先生にどうやって甘えようか、いつも考えてるんだよ……」

 

 あたたかな両腕に包まれると、私は安心して、たまに素直になれる。

 

 我慢してた涙が出てきて、どんどんあふれてく。

 

 口は悪いけど、本当は優しい宮城先生。

 

 かっこつけすぎて困るけど、たまに見せる、少し抜けたところが可愛い人。

 

 きっと、そんなところを好きになってた……。

 

「……なぁ。今の、もう一回言ってくれ」

 

「も、もう一回言うの? なんで?」

 

「すげー可愛かったから」

 

 もう、やだよ。

 

 余計に涙が出てきて、泣きすぎてブサイクになりそう。

 

「おい。美穂」

 

 制服の袖で涙を拭う私の後頭部で、宮城先生が不満を訴える。

 

「距離」

 

 そう言われて、恥ずかしいけど頑張って振り向くと、宮城先生との距離はあと10㎝くらいあった。

 

 すぐ近くで見つめられて、困るくらいだったけど……少しだけ、遠いかも。

 

 だから頑張って、今度は私から距離を縮めてみる。

 

 8㎝…、7㎝、6、5、4……、

 

 8㎝。

 

「……宮城先生」

 

「なんだよ、いいところで」

 

「やっぱり、私がいないと駄目なんだ?」

 

「それお前だろ。早くこうしたかったくせに」

 

 そうやって、今日やっと初めて2人で笑い合えた。

 

 いくら私から遠ざかっても、いつも宮城先生に引き寄せられる。

 

 だからハートが鳴りやまない。

 

 ……ほらね。

 

 一気に、0㎝。

禁断りんご since2018.12.24